top of page

san-sai

​山才

​『あすラジ』放送番組から生まれた新庄に特化した音楽グループ

​正体はあくまで謎という設定

「未来にのこしたい新庄弁や風俗を

ラップ調の曲に乗せて軽快に伝える「迷?曲」集

新庄が大好きな人も知らない人も

新庄の新しい魅力を体感する事でしょう」

郷土史家 三浦 和枝

LIVE情報

●7月14日(日)鮭川村エコパーク ありがどサマー祭

 場所:鮭川村エコパーク

 時間:14時~

 入場:小学生以上200円

●7月19日(金)新庄北高校文化祭「北焔祭」

 場所:山形県立新庄北高校

●8月9日(金)すぎのこまつり

​ 場所:すぎのこハウス(高壇)

​【山才/たぬぎ】第9回 日本タヌキレコード大賞 受賞!!

YgFEziHmkCTpbm2Hko0v74y19amrKJo-Wxptwj_P95XYAmukajK_n2eyHeEGiwLNjY5HL0pjG6MdZs8iAtjb2qhacD
写真 2023-04-19 9 39 53.png

「ハァー、たぬぎぃ、たぬぎぃ」という出だしの掛け声を聴いた瞬間、心のたぬぎが高まりだして腹鼓をロールしていました。方言仕立ての歌詞にちょくちょく顔を出すたぬぎ。方言がなんとなくしか分からなくても、山の臨場感とたぬぎ臭が伝わる文句なしの大賞受賞曲です。もこもこふわふわ冬毛のたぬぎは本当にめんこいですよね。

第9回日本タヌキレコード大賞表彰状-01.jpg
spotify_alt_macos_bigsur_icon_189704.png
youtube_tanugi
apple_music_icon_130989.png
amazon_music_macos_bigsur_icon_190403.png

初ミニアルバム

「音まだぎ」

好評販売中

2022年日本たぬきレコード大賞を
受賞した「たぬぎ」はじめ、現在配信中の
「はいっとぉ」、新庄民話の会の渡部豊子さんが
参加した「くまだベア」に加え、
CD限定曲「まっしょ」収録。
CDの帯には新庄の郷土史家、
三浦和枝さんがコメント。
IntroからOutroまで、本気の遊び心を詰め込んだ
​山才「音まだぎ」
新庄市内で探してみてください。

​1650円(税込)

 

1:Intro-音まだぎ
2:はいっとぉ
3:Skit-あの日あの時
4:たぬぎ
5:Skit-くま
6:くまだベアfeat渡部 豊子
7:Skit-天気予報
8:まっしょ
9:Outro
10:はいっとぉ(カラオケ)
11:たぬぎ(カラオケ)
12:くまだベア(カラオケ)
​13:まっしょ(カラオケ)

 

2023.12.25発売
お買い求め、お問合わせは
あすラジ・新庄の各協賛店へ

第一弾配信「たぬぎ」

「狸」の事はこの辺でも「たぬぎ」と呼びます。

新庄でもまたぎという言葉は使われるようですが、

実際に狩猟で生計を立てていた人はいなかったのではないかと言われております。

ただ新庄市仁田山にはまたぎがいた。

​と記述されている書物もあるそうで。

apple_music_icon_130989.png
spotify_alt_macos_bigsur_icon_189704.png
amazon_music_macos_bigsur_icon_190403.png
youtube_tanugi

第二弾配信「はいっとぉ」

新庄弁で「お邪魔します」を「はいっとぉ」

と言いますが、最近では使わない人が増えています。

「はいっとぉ」を訛って「へっとぉ」

と使う人もおり、この曲調とは違って

​力を抜いて発音されることが多い。

apple_music_icon_130989.png
spotify_alt_macos_bigsur_icon_189704.png
amazon_music_macos_bigsur_icon_190403.png
youtube_tanugi

第三弾配信
「くまだベアfeat.渡部 豊子」

2023年はブナの実大凶作に伴って

人里に現れる熊が多発しました。

はらぺこのまま熊は冬眠するのだろうか。

次の春は凶暴化してしまうのだろうか。

と不安になりましたが、

地元猟友会によると、冬眠する時は

なんだかんだお腹いっぱいになって寝ている。

春に凶暴化ってのは経験上感じたことは無い。

​とのこと。

apple_music_icon_130989.png
spotify_alt_macos_bigsur_icon_189704.png
amazon_music_macos_bigsur_icon_190403.png
youtube_tanugi
bottom of page